マイクロ・ダイバーシティ2マイクロ・ダイバーシティ2

従来、ダイバーシティの対象の多くは、国籍 性別、年齢など、見た目の違い「=外面的な多様性」を扱っています。

マイクロ・ダイバーシティがフォーカスする多様性は、人の経験や理解、感情や価値観等といった「内面的な多様性」にフォーカスして行きます。

経験や認識の違いが、生産性や職場のモチベーションに与える影響を理解し、違いを成果に変える必要が、今まさに求められています(^^)